Kenu&Keru
×

お知らせ&美容情報

過去の記事

2017年11月
« 10月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

*日付を選択してください

2017.08.02

糖質オフ

枚方駅前店

毎日暑い!夏バテも無くハッスルしいる枚方駅前店 えみゅらでございます。(^^♪

今回は、前回の「お刺身ダイエット」に続き・・糖質制限についてお話ししたいと思います。

 

薬に頼らず症状をコントロールするために考案された糖尿病食ですが、ダイエットにも効果アリ。

糖質を制限して血糖値の上昇を防ぐと、糖質を脂肪に変えるインシュリンというホルモンの分泌も抑えることができるのです。

新たな脂肪の蓄積を防ぐと同時に、身体は糖質の代わりに体脂肪をエネルギーとして燃焼するようになるため、

ダイエットがスムーズに進みます。

「でも、制限となると食べられない物が多いんじゃないの?(-_-)」という心配も不要。

制限すると言っても、糖質を含まないたんぱく質や脂質は食べてもOKなんです。

お肉やお魚はお腹いっぱい食べることができますし、焼酎や糖質ゼロのビールも飲むことができます。(^_-)-☆

糖質を制限するために炭水化物を減らすと、どうしても食物繊維が不足しがちです。

そこで、毎日食べられる食材を選ぶことが大切。その代表格がキャベツです料理のアレンジも簡単ですし、どんな食材や調理法とも相性がいいというのが理由です。ただし、火を通すと糖質が多くなるので、なるべくなら生食がいいですね。

モヤシも、安くて使い勝手のいいオススメ食材です。きのこ類も食物繊維が多く、食べごたえもあるので積極的に食べましょう。シイタケエリンギしめじなど種類がたくさんあるので飽きることも少ないです。

玄米や大豆、小麦ふすま(ブラン)なども、低糖質で食物繊維が豊富な食材と言えます。 

 

 

次に、糖質制限では、もちろん糖質を多く含む食品を控えなければなりません。糖質が多く含まれているため

食べることを控えるべき食品を紹介します。

 

  • 米・小麦 米や小麦は、精製されたものほど糖質が高くなります。どうしても摂取したい場合は、
  •      玄米や全粉粒などの未精製のものをチョイスしましょう。米が原料のビーフンもNGです。

  • イモ類  サツマイモ・ジャガイモ、サトイモ、山芋など。春雨や葛粉も、でんぷんから作られているので
  •      NG食品。あんかけのトロミなどに使われる、
  •      コーンスターチや片栗粉も避けるようにします。
  • 根菜類  ニンジン・ごぼう・レンコン・タマネギなどは要注意。
  • 豆類   大豆はOK食品ですが、それ以外の豆類・果物・牛乳・乳製品

 

 

 

これらのように、糖質制限で糖質をコントロールする方法について、具体的な食べ物で解説しましたが、

適切な糖質制限を行わないと、からだにとって有害になる可能性もあります。安全かつ健康的な糖質制限を行うことを心がけましょう。(^_-)-☆



Kenu&Keru 枚方駅前店(地図 → ☆) Kenu&Keru 枚方駅前店(地図 → ☆) 072-841-8000

LINE でお問い合わせ

LINEダイレクト予約の場合は
・お名前
・希望日時(第3希望まで)
・希望コース
を入力して送信して下さい☆

ケヌアンドケルの
Facebookはこちら → ☆
Twitterはこちら → ☆
トップへ戻る