Kenu&Keru
×

Kenu&Keru(ケヌ&ケル)トータルビューティコラム

ダイエット効果だけでなく、身体の不調も筋膜リリースにお任せ!!
注目され、支持されるには理由があります!!!

そもそも筋膜とは何なのか

筋膜とは皆さんの体の中にあって骨や筋肉を包んでいる、皮下組織から存在する薄いコラーゲン性の膜です。骨、内臓器官、血管、神経など身体のあらゆる構成要素をそれぞれの場所に適正に位置するよう支えて、全身を繋いでいます。
筋膜は第二の骨格とも呼ばれ、大変重要な筋組織です。
本来であればプニプニとした柔らかい状態のものなのですが、普段の生活の癖であったり、長時間同じ姿勢のまま過ごしたり(デスクワーク)、運動不足や体を動かす事が極端に少なかったり、些細なストレスが積重なると、筋膜が硬くなっていき骨と筋肉がくっついてしまったり、筋肉と筋肉がくっついてしまったりします。
そうなりますと、筋肉を包んでおります周りの膜が硬くなってしまい、筋肉の収縮がしにくくなったりします。
硬くなっていった筋膜は、そこから痛みが生じたり、機能低下が進み”慢性的な運動量の低下”という道筋をたどる結果となってしまいます。

筋膜リリースと筋肉トレーニング、ストレッチの違い

筋膜リリースとは、筋肉と筋膜に対してマッサージのように圧をかけて筋膜を緩め、血液の流れを良くしていき、筋肉を柔軟にしていくことをいいます。
筋力トレーニング、いわゆる筋トレは筋肉の量を増やしたり筋力を強くするために行う「練習」のようなものです。筋肉トレーニングなどをされていらっしゃる方などでも、そもそも周りの筋膜が硬くなっていますと、筋肉本来のパフォーマンスが出ていない状態で運動をしているという事になります。
筋膜をほぐした後にヨガなどをされていらっしゃるお客様も多いですが、筋膜リリースによって身体の柔軟性が高まり、以前は出来なかったポーズが出来るようになったりします。
そのため筋肉トレーニングだけを行うのではなく、筋膜リリース後の筋肉トレーニングが最も効果的であると言われています。
ストレッチやマッサージと筋膜リリースはよく似ているものと思われがちですが、マッサージ、ストレッチでほぐすのは筋肉であり、筋膜リリースは筋膜の癒着をはがすという全く異なるものです。アプローチの対象も違えば、アプローチの方法も異なっています。
また、大きな違いの一つとして、筋膜リリースの効果は持続性が非常に高いという点があります。
施術時間もじっくりとゆるめる必要があるので、10分20分といったお手軽コースはなく、60分、90分かけて全身を施術をしていきます。

身体が思うように動かない、柔軟性がなくなって来てしまった気がする…
それは加齢のせいではなく、筋膜が原因かもしれません

関節の筋膜が硬くなってしまうと、肩を回す関節の可動域が狭くなってしまったりします。
肩が思うように動かせなくなってきた、ただの四十肩かと思っていたら実は筋膜が原因だったという事がよくあります。
柔軟性がなかったり、子供の頃に比べて体が硬くなっていたりする方はとても多くいらっしゃると思いますが、筋膜を緩めてあげると、粘性のある状態、クッションがある状態になるので筋肉の収縮が出来るようになり、可動域が広がって普段の生活の中でも筋肉の使い方が変わってくる、というようなプラスの変化が起きてきます。
筋肉をよく使われるアスリートの方などは前々から筋膜リリースに注目をされており、「体のメンテナンス」のひとつとして、筋肉を休めるために活用されている方も非常に多いですね。

筋膜リリースの施術方法

ゆっくり、じっくりリラックスしてはがしていきます

「筋膜リリース」の「リリース」は解放という意味なので、筋膜リリースとは、名前の通り硬くなった筋膜を解放するという方法です。
「伸ばす」ですとか、「はがす」という表現が使われますが、ケヌ&ケルの場合はゆっくりじっくりと筋膜の癒着をはがしていくという方法を取っております。
”筋膜エステ”といっても、施術方法はお店により様々です。 他社のエステでは力強くもみほぐしたりと、勢いのあるものが多くありますが、ケヌ&ケルはゆっくりじっくり時間をかけて行う施術ですので、リラクゼーション効果も高く、ご好評いただいております。
筋膜を「伸ばす」「はがす」という事に加えて、気持ちの良いストレッチの要素と、リンパを流すデトックスの要素を大切にしています。
「いつもここが痛くなるのです」とか、「そこが効いている!」と言われるところは、筋膜の癒着が目立ちます。痛みをお伺いしながら、ゆっくりとじっくりと施術しております。
また、癒着がないところははがす必要がございません。

それでも痛みが出る時は…

ゆっくりと施術をしていても、やはり硬いところは痛いと仰る方もいらっしゃいます。
これは衝撃の吸収と同じで、たとえば硬い壁を叩くと、壁が硬いから手が痛いですよね。
でもスポンジを叩いても、柔らかいから痛くはないですよね。
つまり、軽く触っているだけでも、筋膜がその部分だけ固いとそこだけ痛みとして出てきます。
お客様ご自身もここが固くなっているな!というのを体で感じる事が出来るわけです。
施術を続けていくと、前回は痛かったけれど今回は痛くないといった変化も感じていただけます。

全身にも部分的にも施術は可能

基本的には全身の施術を行いますが、特にお疲れの部位を集中して施術する事も可能です。
たとえば肩こりがつらい、背中をすっきりさせたいなど仰っていただけましたら、全身を触りつつ、お悩みの箇所を中心に施術させて頂きます。
筋膜リリースのコース時間は90分を推奨しております。
筋膜は骨や筋肉の周りにあります。そして骨や筋肉は全身にあるため、全身の筋膜は繋がっています。
たとえば肩の辺りに筋膜の癒着があっても、それが背中や腕周りに繋がっていて、蜘蛛の巣ようになっているわけです。
それはつまり、どこかが引っ張られると関連して別のところも引っ張られて形が変わってしまい、キレイな網目にならないという状況を生みます。
そのため90分というお時間をかけて全身を触って、どこが引っ張られているのかを見ながらお手入れしていく事で効率よく、効果を実感していただけます。

欧米諸国ではずっと注目をされていた筋膜リリース

日本ではここ1〜2年で筋膜リリースという言葉が徐々に広まりつつありますが、筋膜リリースを最初に唱えたとされるアメリカでは長年注目され、広く支持をされている施術方法でした。
日本ではプロのスポーツ選手やトップアスリートなど筋肉を資本とする人たちから流行り始めました。
その後筋肉の使い方が変わると運動効率が上がり、その結果ダイエットに効果的であるという事が広まり、メディアでも取り上げられるようになってきました。
最近では筋膜リリースを取り入れるサロンも増えてきましたので、現在は誰でも気軽に筋膜リリースを体験する事が出来ます。
ケヌ&ケルは日本でいち早く筋膜リリースに着目し、施術を行ってきた実績と経験があります。

セルフケアよりもまずは一度専門スタッフによる施術を

インターネットで筋膜リリースと検索をすると、筋膜リリースのセルフケアのやり方や、その際に使用するグッズが出てきます。
たしかにそれらを参考にして自分自身で筋膜リリースをすることも可能ですが、もしかすると筋膜が変化している感覚が分かる方があまりいらっしゃらないのではないでしょうか。
筋膜にも色々種類があり、それぞれに役割があります。
それらを理解した上で正しく筋膜に触れていかないと、効果は得られません。ただやみくもに強く筋肉を揉む方法は筋膜リリースとは言いませんし、皮膚が垂れ下がってしまう危険もあります。
ケヌ&ケルはエステティックサロンの運営とともに、美プロアカデミーという、エステティシャンを育てる教室を運営しております。
そちらには、筋膜の施術を専門に教えている先生から指導を受けた認定トレーナーが在籍しています。定期的な技術チェックに合格しているスタッフがお客様に施術をさせていただきます。
結果を提供するために、技術の質にはこだわりを持っています。是非一度プロに相談をしてみて下さい。 ケヌ&ケルは、大阪の高槻、枚方、和泉中央、茨木、兵庫県の川西に店舗を展開しておりますので、ぜひお近くのケヌ&ケルにご来店ください。

>>Kenu&Keru(ケヌ&ケル)トータルビューティコラム一覧に戻る 筋膜ボディリバースコースはこちら >
トップへ戻る